只今、「働 はたらきじゅん 淳 個展」開催中です。

こんにちは
早良美術館るうゑ』です。

先日のブログにてメンテナンス情報を
お伝え致しましたが............。
3月20日より、「働 はたらきじゅん 淳 個展」
開催中です。

Img_3539






















多数の皆様にご迷惑おかけ致しました。
大変失礼致しました。


今日は花屋にあじさいをみつけました。
そんな季節がもう時期やって来ると思うと
過ごしやすいさわやかな、4月。
梅雨前のとても気持ちのよい季節、
是非、お越し下さいませ。

「働 はたらきじゅん 淳 個展」
2013年03月20日(水)〜04月07日(日)


20130204jun0003


























         
詩のこと、絵のこと
             働 淳

詩も書いています。戦後詩の「列島」の流れを引き継いでいます。
「列島」は戦前のプロレタリア詩とシュールリアリズムを
融合させた社会派の詩誌。
戦後詩には、「荒地」と「列島」の系列の違う二つの流れがあり、
今では 前者は「現代詩手帖」(言語派・モダニズム系)、
後者は「詩と思想」(社会派・抒情系)に引き継がれています。
私は後者の方。
東京にいたころ「列島」の詩人、菅原克己・関根弘・本島始・
長谷川龍生等が身近にいて、強く影響を受けたところがあります。
           
現代美術においても似たことが言えるようです。
たとえば「読売アンデパンダン」と「日本アンデパンダン」の違い。
前者の前衛芸術派・モダニズム系と、社会派・シュールリアリズム系の
後者(個々の作品でいえば違うでしょうが、イメージとして…)。
こちらも、私は後者に近いです。ルポルタージ絵画とシュールリアリズム
を融合させた具象に、大好きな応挙や広重の実験的な
構図の花鳥風月を取り入れる。
目指すところは大きいけれど、さて実際に作品にできるかどうか。

                     
         
福岡では、現代詩においても「現代詩手帖」系の言語派・
モダニズム、現代美術においても「読売アンパン」系の
前衛芸術を目指す方が多いようです。
そちら の方に新しさがあります。私は古いスタイルだけれど、
内容的に時代を深く捉えているような、そんな詩や絵を描きたいと思っています。
                                    
(福岡県大牟田市在住)



途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年 途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年
価格:¥ 1,800(税込)
発売日:2010-04-10

地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と 地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28

わたしの香月泰男ノート わたしの香月泰男ノート
価格:¥ 1,835(税込)
発売日:1996-08
関連記事
プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR