只今、早良美術館るうゑは3月17日まで「大江登美子作品展」開催中です。

こんにちは
『早良美術館るうゑ』です。

三月に入りました。


春一番の吹く中、花粉の季節でもあります。
皆様は大丈夫ですか?


『早良美術館るうゑ』の山々がどうなのか?
調べた事はないのですが、
私どもは、何事も無く気持ちよい
早良の山々を清々しく過ごしております。


Ume























梅の花もほころび、 桜はまだかいな?
と言ったところですね。


その中、「大江登美子作品展」2月7日より
開催しております。


お知らせが大変遅くなり失礼致しました。

是非、過ごしやすく気持ちよい季節。
お越しをお待ち申し上げております。





「大江登美子作品展」
2013年02月06日(水)〜02月26日(日)


                           

                              





 最近のこと                

大江登美子(カットも)



郵便局で、或る日のこと。
「あんた、福岡に引っ越すとね!?」と、
いきなり聞かれて戸惑った。
福岡に住む長男の口座のことで局員さんと話をしていたのを、
その方はそれを聞きかじったのだった。
           
いえいえ、子どものことですよ、と返事をすれば、
一瞬安堵の表情をしたのちに
「あの目のくるっとした子どもさんやろ!
小さかったばってん、もう大学生ね!!」とまたまたビックリ。


 

           
あの頃は、せっせと毎日子どもと散歩したな。
二人だったのが、三人、四人。たまに五人。
地域の方が必ず通る道での散歩は、
意外と目立ってたのだろうか ちょっと離れた、
隣の地区に住むその方も覚えていてくれたと思うと、
胸がじんわりと暖かくなった。
あれからずいぶん経つが、そういえば最近になっていろんな方から
よくそういう声をかけられる。
           
「目のくるっとした子ども」は、先日成人の日を迎えた。
出席者九名は、その数をはるかに越える参列者の方に、
実にアットホームな式を挙げていただいた。

有り難うございました。 

     (佐賀市三瀬村在住)

地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と 地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28


途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年 途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年
価格:¥ 1,800(税込)
発売日:2010-04-10


わたしの香月泰男ノート わたしの香月泰男ノート
価格:¥ 1,835(税込)
発売日:1996-08

関連記事
プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR