2月6日から『吉田道彦水彩画展』を、開催致します。

こんにちは
『早良美術館るうゑ』です。

ただいま、当館は2月3日まで
第5回早良・室見川水彩画展
を開催中です。

今週、最後の開催です。
是非お越し下さい。

そして、明けて2月6日からは
『吉田道彦水彩画展』を、開催致します。
皆様のお越しを、お待ち申し上げております。





「吉田道彦水彩画展」
2013年02月06日(水)〜02月26日(日)


2012sawararuheyosida04

























五十年ぶりの初恋の人
                  吉田道彦

今回水彩画作品を発表する機会を得て、今まで描いた絵を振り返る時、
ふと一枚の油絵が頭に浮かんだ。
それは建設会社勤務中の二十四歳の宮崎の現場でのこと。
戸外に出て絵を描く時間の余裕はなく、宿舎の一室で、
部屋の壁にかかるカレンダーの「ミレーの落ち穂拾い」
に魅せられて模写することにした。
昼食後の 僅かな時間と夜に筆をとった。
三ヶ月かかったであろうか、我流の[落ち穂拾い]が完成したのである。
それを見たA先輩が「俺の家に飾るから呉れ」と言って 自宅へ持ち帰られた。
これを最後に絵筆をとることなく四十年間の勤務が終った。

                   

この度頭に浮かんだのはこの絵である。
しかしA先輩は昨年他界されている。
でも居ても立っても居られなく、勇気を出して奥様に電話すると、
「あります、二 階の部屋に飾っています」とのことで……
その絵を譲り受ける話がまとまった。
早速、新下関の御宅へ妻と訪ねた。
正真正銘の五十年ぶりの我が絵との対面である。
感激のあまり目に涙が溢れた。
奥様もこの絵の額をA先輩と求めに行かれた当時の思い出話をしながら
ハンカチを手にされていた。
また「十日後には東京の 子供の所に引越します」と
迎えの娘さんと荷造り中でもあった。
なんとタイミングよく連絡がとれたもの、
と仏壇の亡き先輩にお礼の合掌をした。
           
帰りの新幹線の窓に若き日の思い出が走馬灯の如く駆けめぐった。
妻曰く「絵を見て泣いてたね」と、「
そうよ五十年ぶりに初恋の人に出会ったからね」、
今、その里帰りの恋人はわが家のリビングの壁に……。    

 (福岡市早良区在住)

地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と 地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28


途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年 途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年
価格:¥ 1,800(税込)
発売日:2010-04-10


わたしの香月泰男ノート わたしの香月泰男ノート
価格:¥ 1,835(税込)
発売日:1996-08

関連記事
プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR