新春は1月14日から「第7回 早良 室見川 水彩画展」 始まります。 #artjp #福岡 #美術 #画廊

こんにちは
「早良美術館るうゑ」です。

2015年1月14日、新年初展示の「早良美術館るうゑ」は
『第7回 早良 室見川 水彩画展』を開催致します。

本年も皆様、「早良美術館るうゑ」を
どうぞ宜しくお願い致します。



早良美術館るうゑ


早良の山々も、春に向かって清々しく
美しいです。
是非お出かけください。

おいしいお茶や珈琲をお淹れし
お待ち申し上げております。





「第7回 早良 室見川 水彩画展」
2015年01月14日(水)〜02月01日(日)



sawara3




道果てしなく、水彩も


井上 正光  ここ5年、色の濃い水彩画を好んで描いてきましたが、これからもこの描き方で楽しく。

植田 貞子  昨一月、不注意で怪我をし三ヵ月休みました。ケガは回復しても水彩技術はなかなか…。

梅野 泰子  仲間のみなさんはみんな上手い。でも折れないで私は私のぺースで絵を描き続けます。

太田 静美  いまだに苦労の連続です。でも絵筆をもつ時の無我の境地とみなさんと談笑するのが楽しみです。

川原 俊―  仕事でバタバタとしている毎日。水彩会と接する時がホットする一時。

坂元 和寛  一幅の絵は千の言葉を語る――はダヴィンチの言葉。絵を描く者、見る者すべてへの至言。

曽我部滝子  青い空に白雲走り、風そよぎ野花が揺れる――その瞬間の空気や花の命を画面に移したい。

徳成登美恵  陽は山野を照らし花は香りを放つ。しばし相和して花を描かん。惜しむや、人生風光ともに流転す。

藤島美紗子  秋、緑から赤へ。描きたいが描けない。冷たい風に深い溜め息をつく。今年こそガンバ!

松波 義郎  陽光台は絵の散歩道。

吉田さよみ  色彩の中に身を置くのは心地よい。この度卓球部にも入部した。汗をかくのもまた心地よいかと。

吉田 道彦  最近、絵筆から遠ざかっているが、まだまだ人生の素敵な風景とともに探し描き続けたい。

米澤 順子  自然が生みだす造型や色彩の美しさに少しでも近づきたい。白い画用紙を前に道は遠い。

東  義人  その日まで、あと何枚描けるだろう。一枚一枚魂をこめて描きたい、しかもおおらかに。

sawara.jpg




早良美術館るうゑ




地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
(2008/04/28)
東 義人

商品詳細を見る




途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年
(2010/04/10)
東 義人

商品詳細を見る




わたしの香月泰男ノートわたしの香月泰男ノート
(1996/08)
東 義人

商品詳細を見る


ただ今るうゑは冬休みです

新年明けましておめでとうございます。
2015年もどうぞよろしくお願いいたします。

ただ今例年どおり冬休みをいただいている早良美術館るうゑです。
1月14日(水)に新しい展覧会がはじまります。
近々お知らせいたします。
お楽しみに!
プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR