4月9日より 「小 林 和 子 作品展」 を開催致します。

こんにちは
「早良美術館るうゑ」です。

4月9日からは、
「小 林 和 子 作品展」
を開催致します。


桜前線も上へ移動する4月。
日本中が、うす桃色に染まり
美しい季節です。

早良の山々も、それは気持ちよい季節。
ぜひ、おでかけください。
美味しいお茶や珈琲でお待ちしております。





「小 林 和 子 作品展」
2014年04月09日(水)〜04月27日(日)


kobayashi




またあした

小林 和子 (カットも)

幼子は砂場にしゃがみこみ、小枝を手にぐるぐるっと丸を描く、
小さな手は動くがままに描いては消し、手をはたいてはまた始める。
無邪気な子は時を知らない。
 
あの頃夏休みの子らは早朝、町の清掃にあたった。
舗装がなされてない道路に、箒目が美しく残る。
箒を引きながら右に左に直角にぐるっと曲る、波はうねり躍動する、
渦巻きや市松模様は瞬く問に素敵な道路画となる。

108ruhe00011.jpg


                            
お豆腐屋のおじさんはラッパも吹かずに、面白いね、きれいだね、
と自転車を押しながら水をこぽさないように忍び足で通っていった。
ありがとう、またあし た、トーフー。   

やがて白いキャンバスに色をのせ絵筆で描くことを知った今だが、
真空管のような頭では閃きが遠くなり、面白いねと励ましてくれるお豆腐屋さんももう通らない、
しかしたった一人のおじさんを思い浮べながら
日々描き続け砂場から動けないでいる私です。

またあした。

 (福岡市早良区在住)


館長著
地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
(2008/04/28)
東 義人

商品詳細を見る


途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年
(2010/04/10)
東 義人

商品詳細を見る


わたしの香月泰男ノートわたしの香月泰男ノート
(1996/08)
東 義人

商品詳細を見る


プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR