只今11/10まで「芦 馬 治 雄 展」を開催いたしております。

こんにちは
「早良美術館るうゑ」です。

お知らせが遅くなり失礼いたしております。
只今「芦 馬 治 雄 展」を開催いたしております。


是非、紅葉も美しい「早良美術館るうゑ」
のお庭も散策しながらの鑑賞。
お待ち申し上げております。



「芦 馬 治 雄 展」
2013年10月30日(水)〜11月10日(日)


matsutake




芦馬治雄先生のご冥福を祈って
               
安河内眞美(ギャラリーやすこうち)
 
昨年、先生の訃報の知らせを受けた時のことは忘れられません。
先生の体調がすぐれないことは小倉の店長から聞いておりましたが、
彼女から先生にはまだ描いて頂きたい画がたくさんあるとも聞いておりました。
精力的に作品に取り組まれている先生が、
早く回復されることを祈っておりました矢先のことでした。
 
淋しいですね、先生の作品と初めて向かい合った時のことを思い出します。
店長が、「この先生の作品展を見に行きたい」と言って一枚の葉書をみせてくれました。
いいね!とそれから二人で黒崎のカジキ画廊さんへ急ぎました。

asima2.jpg

 
私の専門は日本画ですし、油彩画よりは日本画に馴染みやすいのですが、
芦馬先生の油絵は絵具が厚塗りではないせいでしょうか、
日本画的なある種のはかなさのようなものを感じさせてくれました。
なにかスッと心洗われるような気がしました。
そして思わず触りたくなるような『燕』の絵、どの場所に飾られてあったかも覚えています。
        
私の故郷にこんな素晴らしい画家がいらしたなんてと嬉しくなりました。
その場でギャラリーーでの企画展をお願いしようと決めました。
 
優しい目で嬉しそうなお顔で笑っていらした先生のことをこの原稿を書きながら思い出しています。
私の自宅にも先生の作品を飾らせて頂いております。
しっとりと水面を打つ雨の絵を見ていると、
縁側に坐ってて庭に降る雨を見ていた幼かった頃を思い出します。
 
芦馬治雄先生、素晴らしい作品をありがとうございます。
                          
 (東京都在住)
プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR