7月18日から「柄沢 初代 作品展」開催致します。

こんにちは
『早良美術館るうゑ』です。

皆様お元気ですか?

三日前から降り続く雨は、
九州全域に被害を及ぼしています。

どうか、用心されて下さいませ。
早く雨が上がり梅雨が明ける事を願い...。


L16






















18日より、「柄沢 初代 作品展」開催致します。
是非、皆様お越し頂ける事
心より、お待ち申し上げております。


「小嶋 勇 作品展
2012年07月18日(水)〜07月29日(日)



201207180004
























まっ白なカラー       
柄沢初代

早良美術館るうゑ十九周年のこの時に、
この場所で「作品展を」との声を掛けて頂き、
チャレンジさせて頂くことになりました。


常々、自分なりの構図と色、形の前に筆に色をつけ
感受性豊かな作品を、仕上げようと手が動きます。


今年の一月に小倉のカフェギャラリーで 
〃旅のスケツチ展〟があり、絵画仲間と観に行きました。
思いがけず二○○八年にFRANCEツアーに参加し、
絵画仲間四人はパリに居残り美術館めぐりと
スケツチ旅行した時の事が、鮮やかに蘇りました。
オランジェリー美術館では、暑さと足の痛みに閉館十分前に着き、
入場させてもらえずいくらJAPANからとアピールしても
「明日来るように」と軽くあしらわれてしまいました。
くやしくて情けなく疲れが、どっときました。
セーヌ川を横目で見ながら、
暑さに負けずスケッチをしてホテルに帰ったものでした。


翌日のオルセ美術館では作品川も多く感動の連続でした。
さて、ランチは? 美術館の二階にすてきなレストランがあり、
各テーブルにまっ白なカラーがグラスに差してあり、
上を見れば宮殿の様な天井から素晴らしい
シヤンデリアが輝いていました。
ウェイターの人なつこい笑顔にランチも高くつきました。
午後から叫びオランジェリー美術館へ行き、
モネの「睡蓮」が楕円形の壁に展示してあり、
自然の採光により絵が生き生きとし圧巻でした。


私の作品が多くの方に感動をして頂けたら幸せです。


 (福岡市・早良区在住)





わたしの香月泰男ノート
価格:¥ 1,835(税込)
発売日:1996-08


地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と 地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28


地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28



プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR