ゴールデンウィークは「香月泰男 松田正平展」5/16から「森 信也 個展」です。

こんにちは
『早良美術館るうゑ』です。

Adobephotoshopexpress_2012042917205























ゴールデンウィークに入りました。
『早良美術館るうゑ』の周辺の山々も、
すっかり緑が生い茂、新緑の季節です。

とても気持ちのよい季節、
美味しいお茶や珈琲をおいれし
心よりお待ち申し上げております。



「香月泰男 松田正平展
2012年04月25日(水)〜05月13日(日)

2012507smori0002






























「森 信也 個展」
2012年05月16日(水)〜06月03日(日)

20120507smori0001














豊かさについて      
(字が読めないというのは人を豊かにすることか)

     森信也

何時ものことながら、やみくもに描きだしている。
昨年ぐらいから、とっかかりが遅くなってしまった。
現象学だといってもフッサールを読みこなしている訳ではない。
「テーブルの現象学」の続きをどうにかしてひねり出さなくてならない。

ところが今の関心事は文字についてである。
「文字の現象学」としたところで頓挫するのが関の山、
逡巡しながらも待てよと思い直している。
まだ文字を持っていない頃まで遡ってみたらどうだろうか。

そういえば些細な体験がひとつある。
バルセローナで、独り住まいを始めた頃、
ポルテロ(住居の管理人)のおばさんが、
よく、そこの住人に来た手紙を私に
渡して郵便受けに入れてくれといっていた。
字が読めないのかとわかったのは
その後随分経ってからのことである。
ただ、字が読めないということと、
その人の優しさを同時い出すものだから、
人は二〇〇〇年かけて字が読めるようになったと聞くけど、
優しさに触れたというのを、
絵は文字ができる前からあったということと、
どうリンクさせていくのか、頭をかかえ込んでいる。
                                                 

(福岡市城南区在住)


Ruhe



























途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年 途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年
価格:¥ 1,800(税込)
発売日:2010-04-10

地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と 地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28

わたしの香月泰男ノート
価格:¥ 1,835(税込)
発売日:1996-08
プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR