「塚本猪一郎作品展」開催中です!

こんにちは
『早良美術館るうゑ』です。

秋に入ったと思えば、暑い日雨の日
なかなか落ち着かないお天気が続きます。

Photo_2























気温の変化も、通常緩やかな時期なのに、
調節が必要ですね。
皆様もどうぞ、お身体には気をつけて
楽しい作品を観つつ心の健康にも役立てれば幸いです。
 
さて、遅いお知らせになりましたが
13日より、「塚本猪一郎作品展」が始まりました。
 
どうぞ、過ごしやすい時間を山の美術館
るうゑで
お過ごし下さい。
 
 

 
 
 
 
 
 
"「塚本猪一郎作品展」"
2010年10月13日(水)〜10月31日(日)

  Tsukamoto_3














娘からのプレゼント
塚本猪一郎

先月娘の大学の卒業式にバンクーバーまで行ってきました。
映画のシーンでしか見た事の無かった、菱形の帽子を
空に投げ上げて祝う外国の卒業式を見たいと思ったからでした。


大学はバンク—バー郊外の小高い丘の上にあり、
丘全体が自然公園になっていて、とても広大で美しいところでした。
六月だというのにとても寒く、吐く息が白くなりました。
会場の椅子にはブランケットは掛けてあります。
大勢の両親祖父母の姿も見えます。
会場は中庭との間に壁が無く外と一体となった作りのモダンなホール。


式が始まると中庭の遠くの方からバグパイプの音楽が聞こえてきました。
スコットランドの民族衣装に身を包んだ楽団がこちらに向ってきます。
その後から角帽をかぶり赤とブルーのマントを羽織った卒業生が近づいて来ます。
ホールの壇上には中世の王様の様な民族衣装を来た市長や校長が居ます。
式が始まると、一瞬時代も国も超え、どこにいるのかわからなくなりました。


祝辞が終わると、生徒一人一人の名前が呼び上げられ、壇上にあがり、
卒業証書を受け取ります。
名前が呼び上げられるたびに、父兄や、友人から歓声が上がります。
僕も娘の名前が呼び上げられた時に、大声で「お〜」と叫びました。
感動の一瞬でした。
日本人の卒業生は娘を含め三人でした。


ふと、「外国の大学の卒業式に出席出来た日本人の両親は少ないかも知れない」
と思い、娘からの大きなプレゼントを貰った様な、幸せな気分になりました。


(佐賀市久保田在住)









るうゑ通信」一部200円です。
お求めの際は、まずコメント欄からお知らせ下さい。
追ってこちらからご連絡致します。
お手数おかけ致します。

Rue





地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28


途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年途方に暮れて―ひと・こと・ところ五十年
価格:¥ 1,800(税込)
発売日:2010-04-10
わたしの香月泰男ノート
価格:¥ 1,835(税込)
発売日:1996-08
プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR