7月15日からは「中 村 治展」です。

こんにちわ。
「早良美術館るうゑ」です。

梅雨明け宣言もあり、すっかり夏模様です。
皆様水分はしっかり採って、元気に楽しく
夏を過ごしたいものですね。

Cimg4551



















是非、過ごしやすく気持ちの良い
「早良美術館るうゑ」へゆっくりお越し下さい。

お庭で、お弁当でもいかがですか?
楽しく絵を観賞後ゆっくり「早良美術館るうゑ」を
お過ごし下さい。

『中 村 治展』
2009年07月15日(水)〜07月26日(日) 



私の由布岳          中村 治

                   

はじめて由布岳を見たのは小学校一年生のときだから
もう四十年以上前のことになる。
夏休みの終りごろになって急に家族で由布院に行くことになった。
夕方に由布院の山荘に着くと祖父はまっさきに
縁側に立って由布岳を仰ぎ見ていた。
その横に私はいた。
                   
このとき祖父はこれが由布岳という山だと私に教えたかもしれないし、
私からこの山は何という山なのか訊いたかもしれない。
空は曇っていてイモリが城のあたりから左に横雲が
出ていたが東峰も西峰もきれいに見えていた。
                   
その後、毎年夏になると由布院に行くようになり、
ここを拠点にして九重の山を歩いたり由布岳に登ったりした。
いつも小さなスケッチブックを持って行き、
スケッチをして水彩絵の具で色をつけた。
 
五、六年前からパステルで由布岳を描くようになった。
自分が子供のころから親しんだ山を絵に描きたかったのだ。
最初はゼロ号やサムホールの大きさの
スケッチブックに描いていたが、
だんだん三号、四号、六号と大きくなり、今は八号に描いている。
 
こんなふうに描きたいというあこがれの画家はいるけれど、
所詮、自分は自分が描くようにしか描けないし、
それでまたいいのだと思っている。
それが私の由 布岳ということになるのだろうか。
           
                      (福岡市中央区在住)





地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と 地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-2


 

7/1~7/12は明川正雄「絵画展」です。

こんにちは。
「早良美術館るうゑ」です。

Rue










ジャスミンの花が咲く頃になりました。
いかがお過ごしですか?
7月はじめからは、「明川正雄「絵画展」」です。
もうすぐ、梅雨も明けます。

暑い季節も、もうすぐ
山の過ごしやすいそして空気のきれいな
「早良美術館るうゑ」周辺の散策もまた
なかなか楽しいものです。

どうぞお出掛け下さい。




『明川正雄  絵画展』
2009年07月10日(水)〜07月12日(日)

Ruhe0931


 











無心に      明川正雄

夜明けの光が空を朱色に染めるとき、息をとめるほど美しく感ずる。
絵にかかわりを持ち私の気持も移り変る、
たくさん絵を見たり芸術論を読んでも自分の感覚から出せるものは大したことはない。
 
今は幼い子供の絵に特別な思いをもっている。
五才位から十才位の子供の絵に引かれる。
世界地球基金の選んだ万国の子供の絵が印刷されてカレンダーにな る。
毎年いただく。じっくり見られる。
どの絵も寒色と暖色が配分された形で美しい。
動物の鳥や木や花や自然にあるものから、物語が生れる。
                   
知識の乏しい幼い子供は想像力が豊かである。
私にはよく分らないが快感を覚える。
動物も鳥もお母さんは主役のように大きい。
母親の存在の大きいことが分る。
                   
マティスのダンスの絵は有名であり、代表作といわれる。
青の空間に赤い人間が五人、躍動的に踊る、
ただの人間ではない、マティスの造形的感覚である。
訴えるカがある。
                  子供たちは自然から出発して造形へ旅立つ、
そこには一切の分別も知性も入り込む余地はない、
だから美しいのであろう。
                   
なぜ子供のように裸の気持になれないのか、
八十余才になっても、自分の足らなさを悔いている、
そして子供にあこがれる.
                                                                      (福岡市早良区)

Ruhe093121

プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR