10日からは「江崎ヤス子裸婦作品展」が始まります。

               

こんにちわ。
「早良美術館るうゑ」です。

Dsc00178















今年は、早くにあじさいの花をあちこち見かけ、
やっと沖縄が梅雨入だというのに
季節のずれをなんとなく感じる今日この頃です。
みなさんいかがお過ごしですか?

「早良美術館るうゑ」の展示は今日まで
『森 信也展』でした。
たくさんの方に訪れて頂き本当にありがとうございました。
10日からの、「江崎ヤス子裸婦作品展」も
是非!この過ごしやすい気持ちよい季節
お越し下さい。

お待ちしております。

『江崎ヤス子裸婦作品展』
2009年06月10日(水)〜06月28日(日) 

Ruhe0930



























私の5月      江崎ヤス子

早や緑薫る5月、心騒がせた桜の花も疾うに失せ、
つゝじがゆっくりと花を咲かせている。
窓からみえる樹々が緑風にそよぎ、
私のまわりはやっとゆったりとした時が流れていく。

四十数年間働いた職場を辞めた。
ほっとしたと同時になんとなく落ち着かず、
博多天神も遠くなりさぴしい思いに捉われていた。

勤めを辞めたと聞いたSさんが
「あら!これからず-と絵が描けますね」とにこやかに言った。
え-?あ-そうか!ず-と描けるのか!忘れていた!
側ですかさずAさんが「厭味を言われたね」と笑っている。

5月の庭は花や草木に陽射しがあふれ風がそよいで気持がいいものだ。
熊谷守一の鬼の腰かけを真似て狭い庭の樹の下に小さな椅子を置いて座ってみた。

鳥のさえずり、光る葉、樹間から見る青い空、
気持が和み無心になれる。みどりの薫りにつゝまれていると
今までの生活がなんだったのだろうかと思われてくる。

だんだんとゆっくりとした生活にも慣れ、
他にも好きな事もやりはじめた。
ゆったりとした時間があるのはいいものだとうれしく楽しくなってきた。
これからは毎日絵を描こうかなあ?!

                               

(北九州市小倉北区在住)

江崎ヤス子画

Ruhe09302_2


















地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と 地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-2



プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR