5月20日からは「森 信也 個展」が始まります。 

こんにちわ。
「早良美術館るうゑ」です。

Th_dscf0275
















5月の「⁂ 開館16周年記念 るうゑ企画作家展 ⁂」
にお越し下さったみなさま。
本当にありがとうございました。
楽しい、ひととき、うれしい個展期間。
素晴らしい時間を過ごせた事をとても感謝しながら
次の開催展示「森 信也 個展」の準備をしております。

17年目を始めるに相応しい素晴らしい作品が
並びました。
「森 信也 個展」是非、気持ちのよくなった今日この頃
ドライブやピクニックのように楽しく入らして下さい。

心よりお待ち申し上げております。

そして、17年目のこれからも引続きどうぞ宜しくお願い致します。




『森 信 也 個 展  ムヘールシリーズ』
2009年05月20日(水)〜06月07日(日)  

Ruhesinyamori




























動き      
 森 信也   

動きと云っても私の運動能力の試ではない。
どちらかというとにぶいほうかもしれない。
父親は相当走るのが速かったらしい。
母親の弁だから少しさっ引くとしてもです。
もし私の家族だったらどう私を弁護してくれるのだろうかと思ってしまう。
トンチンカンな動きは家内の専売特許だったのだけど
最近は私も仲間に加わっているらしく、家族で動くとき、
どうも笑いを誘っているらしい。
話がすぐ横道にそれてしまう。
それも私です。
 
動きと云うことで新しい試みをしている。
ムーピング・クロッキーと称して
フラメンコ・タンゴのクロッキーを始めている。
踊っているところを随時、線で捕まえていこうという試みです。
クロッキーの延長ではないまったく異にするものが
入っている気がしてならない。
ふっとそんなことを思うと私の場合わくわくするのだが、
その場の雰囲気を書いてみる。
 
手が動きを追うという不可能に挑戦しているわけで、
やはりというか、
手は止まったまま口をポカーンとあけ、
見入ってしまう人、
フラメンコより激しい動きで手を動かしてはいるものの
メチャクチャになってしまう人、2、3本、
線を引いてあとは放心状態の人、
どうしようもなくてただうろたえる人、
確かクロッキーなら何となく描けるのにお手上げの人(私のこと)等。 

おもしろいことに気づいていただけただろうか。
前文の人という漢字を色や線に置き換えたらどうだろう、
そのときのスタジオ全体が私の絵を描いてるときの
状態であると云っても差し支えがない。
 
絵は動いているよと云いたかっただけで、
今回フラメンコやタンゴを展示しているわけではないので
くれぐれも期待はずれになりませんように。
                          
 (福岡市城南区在住)




Ruhesinyamori2_2




東義人著作

地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28
わたしの香月泰男ノート
価格:¥ 1,835(税込)
発売日:1996-08





                                              森 信也 画




プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR