10/15からは「塚本猪一郎作品展」です。

こんにちわ。
「早良美術館るうゑ」です。

Cimg2763




























大変お知らせが遅くなりました。
「塚本猪一郎作品展」が只今開催中です。

周りの山々も、紅葉がとてもきれいな季節です。
「早良美術館るうゑ」の庭にも、ステキな秋が訪れています。
ぜひ、ステキな景色と共に、
「塚本猪一郎作品展」をご覧になりにいらっしゃって下さい。




『塚本猪一郎作品展』
2008年10月15日(水)〜11月02日(日)




Itirou0730


































フランスでは・・・・・
       塚本猪一郎
                                 
フランスで僕は考えた。

この国の人々は、日本に比べるとゆったりと暮らしているように見える。
そんな生活の原点はどこにあるのだろうか?
 
100年位前、芸術家が世界中から集まってきた。
彼らは印象派と呼ばれ、多くの作品を残して行った。
そして、彼らの残して行った作品を見に、
世界中の人々が集まってくる。
そんな歴史の繰り返しで、現在のパリの街がある……
 
そうか、彼らは貧乏のどん底の中、食うや食わずで作品を残した。
その命を削った作品で、今の人たちは潤ってるんだ。
しかも彼らのほとんどは外国人だった。
 
パリ大学の学生に僕の友人がいる。
彼女によると、学費は年間2万円位。
アパートの家賃は国が60%負担してくれるらしい。
大学を卒業した優秀な彼らは、その後もフランスに残り、
この国の為に働く人も多いという。
彼女もここに残り働く事を希望していた。
 
100年後を見据えた文化政策があるのかどうかしらないが……
まったく、うまいもんだ。
                 
(佐賀県久保田町在住)
Tuka001


















地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と地域演劇という不思議空間―甦る情景……期待と混沌と
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2008-04-28
わたしの香月泰男ノート
価格:¥ 1,835(税込)
発売日:1996-08










プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR