四月『版画展』のお知らせです。

こんにちわ。
「早良美術館るうゑ」です。




Cimg1882

















次回は『早良美術館るうゑ 版画展』です。
早良美術館るうゑの素晴らしい版画を
桜いっぱいの今日この頃。
どうぞお楽しみに下さい。


「早良美術館るうゑ 版画展」
2008年04月16日(水)〜04月27日(日)


Rue05631































版画に誘惑されて


版画の誘引カは強い。値段が手ごろということもある。
いつの間にか溜まった。
はじめて山本容子の小さな銅版画を求めたのはガレリアグラフィカが
まだ数寄屋橋の小さな店舗に間借りしていた時、衝動買い。
ギュンター・グラス作品にも心動くが高くて買えなかった。
G・おいしでは大沢昌助「遭遇」セット一括、
坂本善三セット中一点を求めた。
衝動買いに近い。
確信犯時に求める時もある。
川原田徹のかぽちゃ浄土シリーズは版元の久留米・
筑後画廊を訪ねて落手した。

昨暮、東京銀座みゆき画廊で「アトリエC-126版画展」をみた。
野見山暁治作品もあり、中林忠良、野田哲也、
それに九産大から芸大大学院で学んだ元田久治「崩壊」も。
版画の自由多彩さに驚いた。ことし一月は同じみゆき画廊で
「アトリエC-126制作カレンダー40年展」をみた。
古いカレンダーの数字はもはや意味はなさないが、
十数名の作家の版画作品生きていた。
一転一点切り取る事も可能、額に入れればさらに作品の生命は輝く。
駒井哲郎、李禹煥などの作品もかつてのカレンダーに息づく。
(アトリエ-C126展福岡は山本文房堂で) 

いまや私は本画ともいわれる油彩画に対し、
勝るとも劣らない興味を版画にいだく。
 
 うえだひろし 大沢昌助 大西靖子 同 義実 香月泰男 
 川原田 徹坂本善三  そだきよし 塚本猪一郎 徳成登美恵 
 殿敷 侃 長谷川陽三 古川吉重  牧野宗則 村井正誠 
 森 信也 山内重太郎 山本容子 ルオー 
 ベン・シャーン 他(五十音順)

多種多様、ご自由にお楽しみください。   

(東義人)

プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR