今日から『香月泰男 松田正平 展』が始まります。

こんにちわ。
「早良美術館るうゑ」です。

お元気ですか?
ずいぶん寒い日々が続きましたが
今日あたりから、少し暖かくなると天気予報!
10度と言っても寒いのに越えるとなんとなく
暖かくなった気分になります。
待ちどうしい春ですね。



Cimg1817

















そんな先週のちょっとした小春日和の
お休みの日に佐賀の「高伝寺」へ行って参りました。
写真の梅はその時のものです。
まだまだの咲きなのに手入れの行き届いた
木々はとても綺麗な花そして莟を咲かせていました。
「高伝寺」は旧藩主鍋島家の菩提寺
墓所には樹齢約400年の梅の銘木「霊徳寿梅」
という老梅があり2 月下旬に美しい花を咲かせます。
佐賀にお寄りの際には、是非。



そして、今日20日からは
香月泰男 松田正平 展』を開催致します。
今週のお天気予報では、よいお天気が続くとの事。
是非、お越し下さい。






「香月泰男 松田正平 展」
2008年02月20日(水)〜03月02日(日)


Kazukimatuda










慈雨のごとき





昨暮、東京銀座フォルム画廊で松田正平展、
瞬生画廊で常設の香月泰男、正平作品をみた
旱天に慈雨のごとき思いに包まれた。

当館るうゑは香月松田両家作品を数点ずつ
入れ替えながら両作家対時する形で一室に常設している。
今回はまとめて出展したい。
作品ばかりではない。
正平さんからの個人的な手紙や葉書も飾りたい。
中には市原市鶴舞時代のテレビ短評もある。

香月没後、婦美子夫人からいただいた香月彩筆入りタヒチの貝や、
香月が原型をデザインした木彫り五木の子守唄人形も飾りたい。
これは昭和48年取材で尋ねた五木村現地で見つけて買ったもの。
さらに私が香月をはじめて意識することになった
昭和35年発行週刊朝日シリーズ「私の風景」・
久原山墨絵のフアイルも置くので参考にしていただきたい。

香月逝ってなんと34年(昭和49年3月没)、
松田去ってはや4年(平成16年5月没)。
しばし両作家の豊かな人間性と美しい造形世界に浸りたい。

みなさんもご一緒にどうぞ。
                     

東 義人



Kazukis_2






香月泰男美術館

















2月は「吉村和之展」開催中です

こんにちわ。
「早良美術館るうゑ」です。

お知らせが大変遅くなりました。
暦では、もうすぐ立春。
そして今日は節分ですね。
そろそろ、梅もほころび始める季節になって来ました。
みなさまお元気ですか?

Cimg1743














「塩塚夕紀子 素描・パステル・水彩 展」
も好評のうちに終了、
1月30日からは「吉村和之展」が始まりました。
どうぞ、寒い日も続きますが「早良美術館るうゑ」
の暖かいお茶とともに素晴らしい吉村和之さんの作品を
お楽しみ下さい。








「吉村和之展」
2008年01月30日(水)〜02月17日(日)
Ruheyosimura1




























二冊の画集    

               吉村和之


私が大切にしている画集にサム・フランシスがあります。
古本屋で見つけました。
制作中とまどい迷い悩む時、
何か私の絵の進むべきヒントのようなものを感じました。
抽象画の原点というか、
自然界のスケールを見事に描き出していると思います。
「色彩に始まり色彩に終わる」と書いていますが、
とくに色にこだわる私にとって、
何かこれからの指針を与えてくれる、
そんな気がします。
もちろん私は自分自身の絵を描かなければならないのですが、
サム・フランシスは私にはかけがえのない先人画家となりました。

もう一冊、山口薫の詩画集も大切な一冊です。
厳しいデッサンに裏打ちされた、
半具象の作品はとてもやさしく色彩も響き合い、
その造形力の鋭さに共感を覚えます。
「芸術とは精神の在り家である」また
「残しておきたいものがある、私の手垢である、自分のために」
など内面を見つめ、
悩みと孤独に耐えながら制作していたことがその作品に
結実したのでしょうか。
 
この二冊はくりかえし読んで、生涯大事にしたい画集です。
       
(福岡県大野城市在住)






*サム・フランシスSam Francis

1923年、カリフォルニア州に生まれる。
第二次大戦中、飛行訓練中の事故によって
入院していた時に絵を描きはじめた。
アンフォルメルや抽象表現主義の流れを汲む色彩画家である。





Ruheyosimura2






吉村和之



プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR