小林 和子 作品展 がはじまりました

もうすぐ福岡も梅雨入りでしょうか。
石釜には夕暮れになると蛍がたくさん舞いはじめました。
そんな紫陽花が美しい季節に「小林和子作品展」がはじまりました。本日6月5日(水)から23日(日)までの3週間です。



さまざまな「花」が優しく、柔らかく、楽しそうに咲いていて、るうゑ館内が文字通り華やいでいます。 画家の小林さんのお人柄そのままに、絵を見ていると心がホッと和みます。
ぜひ、忙しい日の合間に、ゆっくりと観にいらしてください。





先月18日にるうゑで行われた働淳さんの詩の朗読と平山等子さんの舞踏のパフォーマンスはお二人の大牟田への深い愛情と情熱が伝わってきて、思わずホロリとしてしまうほど、感動的でした。



働 淳 個展 — Miike 三池 —

本日、働淳個展 (Hataraki Jun Exhibition )がはじまりました。期間は5月15日(水)~6月2日(日)の3週間です。 テーマは”Miike 三池”です。



大牟田の画家、そして詩人でもある働(はたらき)さんのるうゑでの7回目の個展です。
世界遺産の三池炭鉱の建物ややぐらや煙突がアクリルや鉛筆で描かれています。
その姿はかつての炭鉱の活気を失い、少し寂しいけれども、とても静かで美しいたたずまいを残しています。働さんの絵を眺めていると、三池炭鉱の豊かな情緒を味わうことができます。





そして…オープニングパフォーマンスが、きたる
5月18日(土)2:00pmに開催されます!!!

働淳さんによる詩の朗読と平山等子さんの舞踏のパフォーマンスのコラボレーションです。
新緑が美しいるうゑの庭でのパフォーマンスは必見です。どなたも自由にご覧にいただけますので、どうぞ遊びにいらして下さい。



森信也さんの個展中、3日間にわたって行われたワークショップの一コマです。 初めて森信也ワールドに触れたまったくの初心者の方々も参加され、「頭の中に?がいっぱい。でもそこが楽しかった」という感想をいただきました。興味がある方は次の機会にぜひご参加くださいね。


森信也展 ~見る男 見られる女シリーズ~

一年で最もるうゑの庭や周りの山々が美しい季節です。みずみずしい新緑が輝いています。
この季節毎年恒例の「森 信也 作品展」が本日はじまりました。今回のテーマは”見る男、見られる女”です。





この5月から26年目にはいった早良美術館るうゑでの森信也さんの個展は26回目。 毎回違うテーマに取り組まれて私たちを楽しませてくださっています。今回のテーマは”見る男、見られる女”です。
ご本人の言葉をお借りするなら「身もだえしながら」「頭を抱えこむ」「パニックになりそうなぐらい」の強い思いで生み出された作品たちは、生き生きと私たちに語りかけてきます。


左下の落ちている紙は何でしょうか?


あら! なんと床にディスプレイされている
クロッキーでした!!!

展覧会中に森さんによるワークショップが開催されます。

ワークショップ:「日本語で絵を描かない方法」
4/26(金),27(土),28(日). 13:30~15:00
※参加自由 ※参加費 500円
森さんの世界に触れるチャンスです。どうぞどなたでも気楽にご参加ください。


去る4月14日早良美術館るうゑでサロンコンサートがおこなわれました。


会場いっぱいのお客さまはマンドリンとギターのしっとりとした叙情的な音色を存分に楽しんでくださいました。演奏者と観客の距離が文字通り近いサロンコンサート。心温まるひとときでした。

カヴァッリーノのお二人

右 ギター 有馬さん 左 マンドリン草場さん

次のサロンコンサートもお楽しみに。




松本 学 快画展 ~大人の遊園地

本日「松本 学 快画展~大人の遊園地」がはじまりました。 期間は2週間、4月21日(日)までです。



絵画展…ではなくて「快画展」。そして「大人の遊園地」。松本さんのユーモアたっぷりのお人柄がお分かりいただけると思います。



窓の外は新緑が萌えて、館内は松本さんが描かれた深い森に包まれています。


今日のるうゑの庭



海の絵も多く描かれています。




自然と人間と感覚と感情と 松本学


たくさんの自画像も


るうゑでははじめての個展となる松本学さんの65点にも及ぶ力作の数々をぜひ見にいらしてください。

14日(日)には、るうゑアフタヌーンコンサートが開催されます。



展覧会スケジュール


本日より「富永幸子作品展」がはじまりました


コラージュ

やっと暖かくなりました。るうゑの楓の葉も少しずつ開いてきました。るうゑが最高に美しくなる新緑の季節がもうすぐです!
よく晴れて気持ちの良い今日、「富永幸子作品展」はじまりました。


油彩

オブジェ、油彩、墨彩とさまざまな手法でバラエティに富んで、とても楽しい展覧会です。


墨彩


油彩


油彩

富永さんの作品はほんとに力強く、生命力を感じます。必見です。ぜひ観にいらしてください。

そしてお待ちかねの”るうゑアフタヌーンコンサート”のお知らせです。



4月14日(日)14:00~
マンドリンの草場直子さんとギターの有馬信一さんお2人で結成された”カヴァッリーノ”というユニットによるサロンコンサート。
春の日差しの中で、お2人の軽やかな演奏をゆっくりお聴きくださいませ。
どなたでも自由に聴きに来ていただけます。
お問い合わせは092-803-1681早良美術館るうゑまで。
プロフィール

sawararuhe

Author:sawararuhe
1994年5月より福岡県福岡市早良区石釜に、
小さな美術館を開いています。

美術館といいながら、美に憩う気ままな空間です。

「早良美術館るうゑ」。
(るうゑはドイツ語”Ruhè”)   

開館時間11:00am~5:00pm 毎週月•火 休館 入館料 200円
福岡市早良区大字石釜104-6
(092-803-1681)
http://twitter.com/sawararuhe

最新記事
早良美術館るうゑ twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR